注文住宅の設計の特徴 | 家族と住まいの安心を保つRC住宅が人気|気になる価格

家族と住まいの安心を保つRC住宅が人気|気になる価格

人形と木の家

注文住宅の設計の特徴

家族

住宅を購入するには、新築と中古があり、一戸建て住宅と集合住宅があります。新築一戸建ての中にも、建売住宅、ハウスメーカーに建ててもらう方法、そして、建築家の設計による注文住宅があります。建築家に建ててもらう方法だと、設計料を家の価格の10%〜20%ほどを払う必要があることが特徴で、家と合わせるとかなりの値段になります。建築家に依頼する方法は非常に高くなりますが、それでも、建築雑誌などで人気の東京の建築家や事務所では、人気が集まり、個人の住宅の設計はなかなか受け付けてくれず、予約を何年待ちにもなるというところもあります。東京にマイホームを建てるということは、予算も時間のタイミングや運も必要になることになります。

東京では多くが狭小住宅になるからこそ、建築家による設計の住宅に人気が集まるという仕組みにもなっています。高層マンションも賃貸もあり、住宅の選択肢の幅が広い東京に土地を買って家を建てられるということは、その家はかなり経済的に余裕のあるということです。しかし予算に限りがあって、土地は狭かったり、隣の建物が迫っていたり、条件の厳しいところしか買えないのが通常です。そのため、狭小地に強い建築家による工夫をこらした設計で、土地のデメリットを克服した注文住宅に人気が集まるようになっています。通気性をよくした風通しのいい家や、中庭や天窓を設けることで日照を確保し、他人の目も気にならないような家も可能になります。

Copyright©2016 家族と住まいの安心を保つRC住宅が人気|気になる価格 All Rights Reserved.